UE4

UE4/C++ プレイヤーキャラクターを作る:Controlleの作成(2/)

プレイヤーコントローラの作成

プレイヤーコントローラクラスを作成してBPプレイヤー操作します。

新規追加->新規C++クラスを選択してダイアログを開きます。
そこから、PlayerControllerを選んでいきます。
vatico

名前を付けてクラスを作成したらコンパイルを待ちます。
vatico

プレイヤーコントローラクラスを修正

コンストラクタとTickを追加して、
毎フレームTickが呼び出されるようにします。
CppPlayerController.h

UCLASS()
class ACppPlayerController : public APlayerController
{
    GENERATED_BODY()

public:
    ACppPlayerController();
    virtual void Tick(float DeltaTime) override;
};

CppPlayerController.cppに実装を追加。
Tickでは'AddOnScreenDebugMessage'を追加して”Tick”と表示するようにします。

//----------------------------------------------------------------
/// コンストラクタ
//----------------------------------------------------------------
ACppPlayerController::ACppPlayerController() {

    PrimaryActorTick.bCanEverTick = true; //Tickが呼ばれるようにする
}
//----------------------------------------------------------------
///Tick 毎フレーム呼び出される
//----------------------------------------------------------------
void ACppPlayerController::Tick(float DeltaTime) {
if (GEngine)
        GEngine->AddOnScreenDebugMessage(-1, 1.0f / 60.f, FColor::Orange, FString::Printf(TEXT("Tick")));
}

BP_CppPlyBaseにCppPlayerControllerを設定する

Map上にあるBP_CppPlyBaseを選択して、
'AI Controller Class'に'CppPlayerController'を指定します。 vatico

プレイを実行してTickの文字が表示されれば成功です。 vatico
  










digitalize
  始めました。